車の下取りと買取りの違い

買い替えなどによって所有している車が不要になる事がありますが、そういった時には売却して処分するという手があります。売却する方法には下取りと買取りがあるのですが、それぞれには違いがあります。

まず、下取りというのは新しく車を購入する販売店で引き取ってもらう方法です。要は車の購入と売却を同時に行う事ができますので、楽に新しい車へと乗り換えを完了させる事ができるのです。その為、できるだけ手間を掛けずに乗り換えをしたいという時に打って付けです。

一方の買取りですが、こちらは簡単に言えば現金を手に入れる事ができる売却方法です。
下取りの場合ですと、売却した金額は新しい車の購入費用から引かれる事になりますので、現金を手に入れる事はできません。

買取りの場合ですと、一旦現金を手に入れる事ができますので、現金に換えたいという時に打って付けです。
買取りは下取りと違い、買い替えをする際にも手間が掛かってしまいますので、メリットが低いように思われてしまう事があるのですが、下取りには無いメリットもあるのです。

どういったメリットがあるのかと言いますと、一番大きいのが下取りよりも高値で売れ易いという事です。
一般的には買取りに出した方が高値で売れ易いと言われていますので、できるだけ高く売りたい時には買取りが打って付けです。

特にディーラーの場合はオプションに価値を付けてくれない為、安値の下取りになり易いですが、買取り店ならそういったオプションにも価値を付けてくれますので、より高く売却する事ができます。

車売るならディーラーでの下取りより複数の買取専門店への一括査定が有利!高額査定を狙うならこちら。車下取りcom